木の飾り

カクテルはキンキンに冷え、僕は喉を鳴らす

さあ、「台風」について考えてみないかい?そんなに難しいことじゃない気がするんだ、「起業家」のことって。

木の飾り

雨が降る休日の夕暮れは足を伸ばして

少年は真夜中の3時に起きてしまった。
夏休みに入って10日程度経った夏のことだった。
暑さと湿気で寝苦しく、深く眠れなかったようだ。
せんぷうきは部屋の空気を混ぜているだけで、まったくもって涼しくならない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好きなカレーを作り始めた。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を切って、調理を始めた。
夜が明けそうな時間には、家中にスパイシーなカレーのいい香りが広がっていた。

気どりながら自転車をこぐ姉妹と夕焼け
えっと思うくらい縫物用の布はばかにならない。
娘が園に通うことになるので、入れ物が入用なのだが、以外と縫物の為の生地が金額がいった。
ことのほか、キャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、大変高い。
幼児向けのキャラクターものの縫物の為の生地がたいそう価格が高かった。
指定の形ののきんちゃく袋をどこかで購入するのが手っ取り早いし、安価だけれども、しかし、農村なので、園で必要な袋はみんな、手作りだし、近くに販売していない。

陽の見えない仏滅の晩に昔を思い出す

2年前、コンディションが悪いのに、食生活と、睡眠の具合が変だったので、ニキビが多発した。
改善したいと思い立って、食生活を意識し、美容に良い事をしようとリサーチした。
根強く勧められたのが、アセロラジュースだ。
いまだにかなりの頻度で飲むことにしている。
レモンよりも肌に必要なビタミンCが多く含まれていると言う話だった。
健康的な体と美しさは何と言ってもフルーツから出来上がるのかもしれない。

どしゃ降りの木曜の夜は友人と
住んでいた場所が異なると食生活が違うのを二人で生活しだしてから非常に知るようになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻から前に聞かれ、スーパーででも買っていたのかなと思ったら、ミキサーで作るのが普通みたいだ。
缶詰のフルーツとアイスを挿入して、普通の牛乳を挿入してミキサーでシェイクして完成だ。
家庭でつくったものを飲んだのは最初だったが、とても美味だった。
好きだったし、くせになって、自分でも作り飲んでいる。

陽の見えない火曜の早朝は熱燗を

少し前の猛暑、クーラーの効いた部屋の中で冷たい飲み物だけ摂取していた。
私はしょっちゅう熱中症にかかっていたので、水分を取るのが大事だと考えたから。
冷えた室内で、薄着、その上炭酸飲料にハーゲンダッツなどなど。
だから、快適に過ごせたと思っていた夏。
しかし、やってきた冬の時期、例年よりもひどく寒さを感じることが増加した。
外で過ごす仕事がしょっちゅうだったこともあるが、寒くて買い物にすら出れないという状態。
なので、たぶん、猛暑の中の水分摂取は寒い時期の冷えにもつながると思っている。
じゅうぶんにn栄養を取り、偏りの少ない食生活を心がけるのが懸命だと思う。

目を閉じて体操する妹と暑い日差し
どれでもいいので一つの事を、長くコツコツ続けている根気のある人に拍手を贈りたい。
スキーでも、手芸だったり、どれだけ目立たない内容でも。
毎年一回だけでも、幼馴染のメンバーと、あの旅館に連泊する!というような事も良いんじゃないかなと感じる。
何でも地道に辞めないで続ければ絶対実用レベルまでたどり着くことができるだろう。
わたしは、保育園の時、ピアノとリトグラフを学習していたが、続けていればよかったな。
このように実感するのは、部屋の隅に母に貰ったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、一生にもう一度練習したいという夢がある。

天気の良い月曜の昼に料理を

個人的に、嗜好や好みがあると思うが、どんな感じか聞いてみるのが好き。
友人に質問してみたところ、まとまったお金、良い生地のランジェリー恋人のことが好きで仕方ないとの事。
プラス、男の人の血管の出た手の甲。
最後に、ドイツ語のひびき。
自分には理解できない。
屋台のリンゴ飴、肌に直接薄手のニット、軽い香水、ハスキーボイスの女性が好きだと、伝えた。
なかなか理解できないとの事だった。
まさにこれが、フェチという部類だという。

気持ち良さそうに大声を出すあなたと俺
旅でも仕事でも、韓国への渡航回数が多い。
中でも、日本からすぐの釜山。
観光ももちろんだが、特に女性は韓国コスメや服など興味を持っている方も多数だろう。
韓国人は外見、つまり自分を磨くことに関しての情熱は強い。
就職や、結婚の際に、日本よりもあからさまに判断するシチュエーションが多い。
なので、韓国ケア用品は、美容成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待できるのではないだろうか。

汗をたらしてお喋りする兄弟とあられ雲

よく聞くアーティストはいっぱい居るけど、近頃は海外の音楽ばかり購入していた。
一方、国内の歌手の中で、大ファンなのがチャラだ。
チャラは凄い数の楽曲を出している。
代表的なのは、FAMILY、世界、DUCAなど。
国内数多くのミュージシャンがいるがチャラは彼女は強い個性がキラリと見られる。
この国には、世界で曲を出す音楽家もたくさんいるが、チャラも人気が出るような気がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こんなタイトルが思いつくことに感心する。
多くの作品の作詞と作曲もしていて私の意見としてはクリエイティブでカリスマな才能があると思う。
JUDY&MARYのyukiとコラボしてTOP10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象深い。
カッコよかったから。
誰もが一度は思う、思われたい感覚の事を、うまく短文で表しているから。
キャッチフレーズのコンテストなんかに参加してほしい。

息もつかさず走る先生と横殴りの雪
やり始めたら、満足させるまで多大な時間がかかるものが、世界には多くみられる。
私は、外国語の習得だ。
と感じていたが、韓国語だけはまれに、日本語と語順が同じ、SVOで、その上に日本語にない音が少ないので、習得しやすいそうだ。
昔、韓国語を勉強した友人曰く、英語よりは割と学びやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
少しだけテキスト買ってみようかな・・・と思ったけれど、独特なハングルは絵にしか見れない。

木の飾り

カテゴリ

木の飾り
Copyright (c) 2015 カクテルはキンキンに冷え、僕は喉を鳴らす All rights reserved.
木の飾り